スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リキッドソープ素地について
リキッドソープ素地は、このままでは使うことが出来ません。
精製水などで希釈をしてからお好みの容器に入れて使いましょう♪

まずはソープ素地の希釈をしましょう!

1.耐熱容器にソープ素地を入れます。 
ソープ素地と精製水

  
  何種類かのソープ素地を混ぜても大丈夫です!
  お好みのブレンドでお楽しみ下さいね♪




2.沸騰させた精製水を入れ(またはレンジでチン♪でもいいですよ^^)埃が入らないように
  ふんわりラップをかけるか、キッチンペーパー等で蓋をしておきます。
放置~♪


  素地により精製水の量が異なります。
  ラベルに希釈用精製水の量を記載しています。
  (例:ソープ素地重量の2~4倍など)  



3.そのまましばらく(数時間~1日程度)置いておき、素地が溶けたら出来上がり♪
   (お子様やペットの手の届かないところに置いて下さいね。)


素地が溶けたら、次はアルカリ度のチェックをしましょう♪

1.リキッド素地が全部溶けたら、pH試験紙を使いアルカリ度チェックをします。アルカリ度チェック! 



  リキッドソープの理想的なpHは9.5~10.5です。
  pHが11.0以上のアルカリ度の強いものは
  お肌を傷めてしまいます。



アルカリ度9~10

  こちらの試験紙、1~12のメモリ全てを
  液体に付け、真ん中のところで判断します。
  (上が未使用、下が液体に付けたもの)
  写真ではわかりづらいですが、
  肉眼ではpH9~10です。


こちらでは9


  ちなみにこちらも試験紙、肉眼では
  pH9です。
  (写真だと明るく見えますね^^;)



2.アルカリ度が高い場合、適正なアルカリ度になるよう↓のいずれかを使って調整します。
  
  * 市販の濃縮還元のレモン果汁10mlを精製水90mlで薄めたもの。
  * クエン酸1gに対し200mlの精製水で溶かしたもの。
   (私の場合はクエン酸0.1gに対し20mlの精製水で溶かしてます。)
  * 少しのpH調整の場合なら、GSE(グループフルーツシードエクストラ)を数滴。

  ※少しずつ入れていきアルカリ度をみます。
    クエン酸やレモン果汁は、入れすぎるとリキッドソープが白濁するそうなのでご注意を^^

3.精油やグリセリンなどオプションを入れたい場合はここで。
オプション
  精油を入れる場合はグリセリンに
  混ぜてから入れるといいですよ^^
  リキッドソープ100mlに対し、精油は2~20滴
  グリセリンは小さじ1~2が適量です。
  カラー剤は少しずつ様子をみながら
  調節してくださいね^^
    
  
4.シャンプー容器などお好きな容器に詰め替えて完成です♪
シャンプー容器に♪  

  うぅ・・・写真が暗いっ><
  今回は、グリセリン、精油2種、
  カラーリキッドブルーを使用しました。


  

※リキッドソープ素地はアルカリ度が強い事があります!
  念のためゴム手袋をして作業してくださいね
^^



  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://okiraku123.blog53.fc2.com/tb.php/274-878fb10e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。